トイレの水漏れは給水管か排水管かを確認する

トイレ 水漏れの中でも、壁や床が濡れているという症状はしばしば見られます。しかしこれだけでは、給水管か排水管か、どこが原因箇所かは判別はつきません。もし可能であれば、自分でどちらが問題かを特定しておきましょう。

■給水管か排水管かの見分け方

確認方法は、まずほかのすべての箇所で水を使わないようにします。そしてこの時水道のメーターが回っているかどうかをチェックします。もしメーターが回っているのであれば、給水管で水漏れが起きていると推測できます。逆にメーターが動かなくなったのであれば、給水管で問題は起きていない、残りの排水管が原因と特定できるわけです。結構簡単に素人でも確認できることですから、水道業者を呼ぶ前でもできるはずです。

■大掛かりな工事になる可能性も

トイレ 水漏れで排水管で問題が起きている場合、中には大掛かりな工事が必要になるパターンも考えられます。配管は壁や床下を通っていることも多いため、それらをはがして作業する必要も生じるからです。費用もそれだけかかってしまうかもしれません。そこで作業依頼する前に、業者の方にお願いして見積もりを出してもらいましょう。またしばらくトイレが使えなくなる恐れもあります。工期はどのくらいかも前もって尋ねておくことが重要です。

■まとめ
水を出さずに水道メーターを確認するだけですから、排水管の水漏れかどうかは素人でも十分判断できるはずです。これを行っておくと、作業員も仕事に取り掛かりやすくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ