トイレの排水管が水漏れした場合の交換方法は?

トイレで水漏れが起きて、水道業者に修理の依頼をするケースは決して珍しくありません。特にトイレに張り巡らされている排水管で発生した場合、トイレの交換をしなければらないのではないかと懸念する人もいるでしょう。トイレの交換が必要かどうかはケースバイケースですので、まずは業者の説明を聞くことです。

■つまりを起こしている可能性が高い

排水管で水漏れが起きている場合、つまりが発生しているケースは結構あります。便やトイレットペーパーのほかにも、水に溶けにくい固形物が塊になって水流を妨げているかもしれません。その場合にはトイレの交換などは必要なく、このつまりの発生源を取り除くことで解決できるでしょう。排水口から近いところなら、ラバーカップを使って除去できる可能性も高いです。

■排水管の劣化の可能性も

築年数も排水管の水漏れに影響します。築何十年と経過していたり、配管をこれまで変えてきていなければ、劣化している恐れもあります。そうなると接続パーツがさび付いてしまっている、破損しているケースも十分考えられます。その場合には部品を新しいものと交換します。排水管そのものが老朽化しているのであれば、管自体を交換する形になるでしょう。

■まとめ
排水管の水漏れといっても、このようにいろいろな原因が考えられます。素人がどの要因でそうなっているか正しく判断するのは難しいでしょう。そこでやはり水道工事の業者に早めに申し込むのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ