排水管の水漏れを予防する方法は?

排水管で水漏れが起きるとそれが直るまで水を使うことができません。水漏れの範囲が拡大してしまうからです。業者を呼んで作業を依頼することになりますが、できることならこのような事態は回避したい、これが多くの方の本音でしょう。普段からの心がけで、排水管の水漏れを予防することも可能です。

■つまりを起こさないように注意する

排水管の水漏れですが、つまりを起因とするケースが結構多いです。そこでつまらないように注意することが大事です。まずは一度に大量の水を流さないように心がけましょう。そのほかには、水に溶けにくいものは排水口に流さないことです。いちいちこのようなものを取り出してごみ箱に捨てるのは面倒かもしれません。しかしつまりのリスクを回避するためには有効な方法です。特にトイレではトイレットペーパーがなくなったからといって、ティッシュで代用するのはやめましょう。

■排水パイプのメンテナンスを行うこと

つまりの原因となるものを流さないように気を付けていても、長年使い続けていると水の通り道が狭まる可能性はゼロではありません。それを防ぐためにはホームセンターやドラッグストアなどで販売されているパイプクリーナーなどを使ってメンテナンスを行うことも有効です。

■まとめ
排水パイプに詰まるようなものを流さないことと、掃除を定期的に行うことが予防のためのポイントです。時間が経過すれば汚れはたまっていきますので、常に清潔なパイプ内を保つことが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ