排水管の水漏れをテープで対処する

近所にホームセンターがある方は水回りの補修が自分でできるアイテムがいろいろと陳列されているのを見たことがあるかもしれません。その中でも排水管の水漏れ対策で有効といわれているのが、補修テープです。こちらを使うことで一時的に水漏れ対策ができます。

■どのようにして使用すればいい?

まずは排水管の中でもどこで水漏れが発生しているか特定しましょう。特定できたらその個所をきれいに拭き取ります。ほこりなどが付着したままだとテープがしっかり密着しないためです。そして必要な長さにカットして、パイプに巻き付けていきます。この時少し強めに引っ張りながら貼り付けていったほうがよりしっかり接着できます。巻き終わった後は強く圧着させておきましょう。

■テープでどのくらいのレベルの水漏れに対処できるのか

近年販売されている補修テープの技術は向上しています。ポタポタ程度の排水管からの水漏れであれば、こちらのテープで十分対処できることが多いです。しかしこれ以上の水漏れが発生している場合には、テープだけでは対応できないかもしれません。その場合には迷うことなく修理業者を呼んで作業依頼すべきです。

■まとめ
補修テープを施しても排水管から水漏れのある場合、きちんと施工できていないケースも少なからず見られます。特に初めて補修した方の場合、巻き付け方が甘いことが多いので注意が必要です。また、これはあくまでも応急処置です。早めに業者にお願いして、プロにしっかり補修してもらったほうがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ