排水管から水漏れした際の応急処置

もし排水管で水漏れが発生していることに気づいたのであれば、修理業者に作業を依頼するのがおすすめです。下手に素人が処置をすると被害が拡大したり、別のところでトラブルを招いたりしてしまうからです。しかしそれでも修理業者が来るまでのちょっとした時間で応急処置も可能です。

■とりあえず水を使う設備は使用しないこと

排水管は自宅で使用した水を外部に出すための配管です。ということは、水道を使用した時だけ水が流れる仕組みになっています。つまり水道を使用すればするほど、水漏れの範囲が拡大します。見方を変えれば、水を一切使用しなければ、一時的でも水漏れの症状を抑制できるわけです。業者に連絡して、修理作業をお願いするのならスタッフが到着するまでできるだけ水を使用しないのがおすすめです。

■下手に使用するとかえって状況が悪化する

特にトイレやキッチンで漏れが起きている場合には極力使用しないのが賢明です。トイレは汚水、キッチンは油分などを流すことが多いからです。修理していないのに汚水を流すと、状況がさらに悪化してしまうからです。調理などの炊事は控える、用を足したければ近所で借りるなどできるかぎり水を使わないように努めましょう。

■まとめ
排水管は水を使用しなければ、水流が起こりません。そのため水漏れの拡大を抑制できます。業者の中には現場に急行して速やかに作業してくれるところも少なくありません。ちょっとの間ですから、被害を抑えるためにも我慢しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ