排水管の水漏れを修理する業者の選び方

排水管の水漏れを修理する業者の選び方 排水管で水漏れが起きている、詰まっているのか水が流れない、逆流してくるなどいろいろなトラブルが日本全国で起きています。水道は私たちの生活で欠かせないものです。その通り道でトラブルが起きると、日常生活に支障をきたしかねません。このような場合には、水道 修理してくれる業者を呼びましょう。水道 修理業者は日本全国にたくさんあります。どこを重視して候補を絞り込めばよいか知っておくことで後悔しない修理ができます。

■水道局指定工事店がおすすめ

業者のホームページを見てみると「○○水道局指定工事店」と掲げられているものも少なからず見られます。これは各市町村の水道局が指定した業者という意味です。水道工事法によって定められていることです。自治体が認めている店舗ということになれば、信頼感も高まります。またもし何かしらのトラブルが発生した場合でも、自治体に申し出れば指導なども行ってくれるでしょう。このような業者も最近では増えていますが、指定を受けているかどうかで絞り込みを行うのは賢明な判断といえます。

■見積もりを出してもらうこと
ポストに水道修理のチラシやマグネットが入っていることも多いでしょう。そのほかにもインターネットで検索するといろいろなサイトがヒットするはずです。このような情報を見てみると、格安や激安価格、キャンペーンなど目を引く内容がしばしば見られます。しかし、排水管の水漏れ修理はオーダーメイドです。一つとして全く同じ症状がないからです。調べてみると、ほかの箇所の補修の必要も生じて、チラシなどで見た価格と異なるということもあり得ます。ですから早く直してもらいたい気持ちはあるでしょうが、作業をお願いする前に見積金額を出してもらうことが大事です。少しでも安く作業依頼したければ、複数の業者で相見積もりをとるといいでしょう。そうして自分たちの状況でどこが安く作業を請け負ってくれるかを比較すると納得の価格になるはずです。ただし、ただ単に安いかどうかだけでなく、内容がどうなっているかもチェックしておきたいところです。

■誠実な対応をしてくれるかどうか?

見積書を見る際に値段だけでなく、その内訳も確認しておきましょう。水道 修理の中には一部悪徳業者もあるのは否めません。その中には一見激安価格で作業を引き受け、後になって「追加の工事が必要になった」などと言いがかりをつけ、割高な金額を請求することもまれに見られます。内訳の中でもどのような部材を使用して、単価がいくらかなどをチェックしましょう。また通常作業に取り掛かる前に、具体的にどのような工事を実施するか、普通であれば担当者が説明してくれるはずです。その話の通りの作業を行っているかどうか、立ち会ってチェックしましょう。このように誠実な対応をしてくれる業者であれば、安心して任せられるはずです。また何か後で問題が起きても、すぐに対応してくれる可能性が高いです。悪徳業者は逆に工事内容についてごまかす傾向が見られます。「やってみないとわからない」の一点張りであれば、依頼は控えたほうがいいです。

■まとめ
排水管で水漏れが起きると、水道が一切使えなくなるので困ります。できるだけ早く修理して元の使える状態に戻してほしいと思うのは当然のことです。しかし修理業者の中には、このようなお客さんの事情を逆手に取り、足元を見てくるところもあります。悪徳業者に引っかからないためには、上で紹介したチェックポイントをしっかり押さえておきましょう。水回りのトラブルはある日突然発生することが多いです。そこで常日頃から、空いている時間で構わないのでホームページなどを見てどの業者なら信用できるかをシミュレーションしておくのもおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース